鍼灸と妊娠力

鍼灸は東洋医学の考え方を基にツボに鍼やお灸をする療法です。

 

体の循環不全を解消し、血液の流れをスムーズにさせるという考え方は一般的な鍼灸方法といえます

 

当院で行っている婦人科専門の鍼灸は生理周期や基礎体温を参考に施術するため男性に行う施術方法とは全く違ったものになります。

 

現在の日本ではアートクリニックなどで不妊治療を受けられることが一般的かと思いますが、中国では昔から鍼灸や漢方で不妊治療を行うことはポピュラーなことでした。

 

 

 

鍼灸はどんな人に向くか?

 

不妊体質の方は必ずといっていいほど、体に冷えがあります。

検査では特に異常がないと言われたとしても、私生活から、ストレスや冷え、食生活の乱れなどをチェックしてみると様々な問題が出てくることがあります。

また脈、舌の状態・お腹の硬さをみることで体の調子を知ることができます。

 

ホルモンの異常や子宮内膜の厚さなど異常がある場合も一人ひとりにあったツボを使用すること妊娠力があがります。

そしてクリニックの治療と併用することで、体質改善を目指す事ができます。

 

 

鍼と聞くと痛いイメージがありますが、髪の毛3本分ほどの太さの針を使用しますので

ほとんど痛みはございません。全部で4~10本程度の使用します。

おなかや背中を温めながら行いますのでリラックスして受けることができます。

 

鍼灸施術を行った日はツボ刺激で血液の動きが活発になっていますので、リラックス

して過ごすことが大切です。循環がよくなっていますので、アルコールや辛い物を食

べるのは避けましょう。

 

 

 

ストレスと妊娠力

 

 

女性ホルモンは脳の視床下部と下垂体という場所から出された指令が卵巣・子宮に伝わり、互いに連動しながら分泌のコントロールをしています。

ところが、なんらかのストレスがかかることで、生理の周期が乱れたり、卵巣と子宮への血流が不十分になってしまうわけです。

結果として血流不足になり卵子の質が悪かったり生理中なのに排卵してしまう。

そのほかにも子宮内膜が十分に厚くならなかったり等のことが重なり妊娠まで至らなかったりするわけです。

 

 

 

 

こんな方はストレスで妊娠力が低下しているかもしれません。

チェックしてみましょう。

□経血量が一定でない。

 

□生理周期が不安定

 

□低温期も高温期も体温の上下が激しい

 

□生理前から生理中にかけてイライラする。

 

□基礎体温にこだわるほどグラフが安定しない。

 

□妊娠のことで頭がいっぱい。

 

いかがでしたか?

ストレスとは何か?と考えるときに、悩み考えることがストレス?

でも考えるな!と言われるとますます考えてしまう。

色々思い悩んでもいいと思います。ただ考えても一人では悶々と考えるのはオススメ

できません。

そばにいる友人または家族に話を聞いてもらってください。

聞いてくれる人がいないのならは、当院のカウンセリングを受けてみるのもいいと思

います。

人に話すことで、心が楽になるヒントが見つかるかもしれません。

 

不妊に関する整体・鍼灸施術の無料相談を受け付けて

おります。不安や疑問をお気軽にご相談ください。