不妊症の対策

・冷え対策

体が冷えると血管は収縮し、血流が悪くなります。

昔から冷え症だからと諦めてはいませんか?

血行が悪くなると栄養分やホルモン、酸素を体の隅々まで届けられなくなります。

それは同時に子宮や卵巣にも十分な血液が届かなくなることにもつながるわけです。

そうなると、卵子を育てる力が低下したり、子宮内膜の厚さが不十分で、着床しにくく

なったり、流産しやすくなる可能性もあるわけです。

こんな症状はございませんか?

冷えで妊娠力が低下気味です。チェックしてみましょう。

 

□基礎体温の低温期が36℃を下回る。

□下腹や太ももの内側が冷える

□基礎体温の高温期が短い。体温が上がりが悪い。

□生理のときにあたためると月経痛が楽になる。

□経血が黒っぽく固まりがある。

□腰からおしりにかけていつも寒い。

 

 

いかがでしたか?

冷え性の自覚がなくても、骨盤の中が冷えている可能性があります!

冷えによる不妊を防ぐには?

冷えによる不妊を防ぐには?

①体が冷える薄着はなるべく避ける。

例えばローライズのパンツやミニのスカートは腰回りが冷えてしまうので、避けるよう

にしましょう。

②冷たいものはなるべく避け、体を温める食材を積極的にとる。

食べ物であればアイスクリーム、ビール、カフェインが含まれているコーヒーや紅茶も

できるだけ控えめにしましょう。とくに、子宮内膜から着床の準備をする生理前から生

理中にかけては要注意です。

おすすめの食材はラム・鶏肉・レバー・ほうれん草・にんじん・プルーン・干しぶどう・黒砂糖・黒豆・ねぎ・しょうが・かぼちゃ・にんにく・にらなど。スープや炒め物など温かいものから食べると効率よく体を温めることができます。

③喫煙も血管を収縮させる作用がありますのでやめましょう。